FC2ブログ

ペナンNEWS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミャンマー難民117人を保護

3月27日、3月に入って2度目の、ミャンマーからのロヒンギャ族の難民を、ペナン島北西の海上で沿岸警備隊が救出しました。

去る3月9日には、難破寸前のボートから138人のロヒンギャ族難民をムカヘッド岬沖2.5海里で保護したばかりです。今回は、同じくムカヘッド岬沖、7海里の海上でボートに乗っていた117人(うち女性21人、子供24人)を救出しました。

以上、ニュースソース 27/03/13 
http://thestar.com.my/metro/story.asp?file=/2013/3/27/north/12894465&sec=north

ミャンマーのロヒンギャ族は世界で最も弾圧を受けている民族とされ、マレーシア国内のUNHCRに認定されている難民10万人のうち、三分の一を締めています。1982年にミャンマー政府より、国籍を剥奪されて以来迫害を避けて逃げてきて定住している難民に加え、昨年12月に起きた仏教徒との対立以来、マレーシアに船で逃げてくる、いわゆるボートピープルが急増しています。今年に入ってペナンに700人近く(4月12日時点で)が到着しています。

アウンサンスーチー氏は、イスラム教徒のロヒンギャ族と仏教徒の対立に関しては、積極的に解決する姿勢をとらず、国際的に非難を浴びています。日本ではあまりニュースになりませんが、アウンサンスーチー氏の今年の来日の際にも、ロヒンギャ族は面会を禁止されているという記事がJapan Timesに載っています。ロヒンギャ族を自国民だと認めていないからなのでしょうが・・・。



スポンサーサイト
  1. 2013/04/13(土) 02:05:32|
  2. 人権
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人身販売組織から子供を買ったとして保護されていた子供たちが養父母の元にもどる

今年一月、人身販売組織から違法に子供を買ったとして養父母の元から突然警察に連れて行かれた数ヶ月歳から8歳までの28人の子供たちが養父母の元に戻りました。

Going home

子供たちは警察の強制捜査以来、ジョホールの施設に預けられていましたが、理由はどうであれ、子供たちの精神的なダメージや福祉を考えると、養父母の元から引き離すべきではないとNGOが訴えていました。

今後2年は親権は福祉局にあり、その間に養父母は正式に養子申請の手続きを踏まなければいけないとのこと。

今回の件に関連して、2月にはペナンを拠点とする、子供の人身販売組織関係の45人が逮捕されました。

人身販売組織は、経済的な問題のある、タイ、インドネシア、バングラディッシュ人などの未婚女性、あるいは、子供を売ることに抵抗のないマレーシア人から、性別やルックスに応じて2,500リンギットから4,500リンギットで新生児を買い、子供がいない夫婦などに出生証明証とともに、18,000リンギットから38,000リンギットで売っていたということです。

2013年4月9日 The Star Online (+編集)
http://thestar.com.my/news/story.asp?sec=nation&file=/2013/4/9/nation/12943473
  1. 2013/04/10(水) 22:31:19|
  2. 人権
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。