ペナンNEWS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

警察官との銃撃戦で5人死亡

PG10_190813_KPN_PISTOL.jpg

今日(8月18日)未明、警察による突入作戦の銃撃戦の末に5人が死亡しました。

午前4時半頃、スンガイニボンにあるセンチュリーベイサービスアパートメント11階の一室を警察がノックしましたが、応答がなく、内側から発砲されたため応戦、5人を射殺しました。現場からは3丁の銃が発見されました。死亡した5人は全員が20代、うち4人には前科があり、1人は「04ギャング」のリーダーです。

警察の発表によりますと、死亡した5人はペナンを含む3つの州で過去一年に起きたギャング間抗争事件に関する殺人、殺人未遂事件の主犯とされています。

過去一年に起きた10件の殺人、2件の殺人未遂事件のうち、7件の殺人、2件の未遂事件がペナンで起きています。今月8日にアンソンロードで起こった射殺事件は、白昼、信号待ちの間にバイクに乗った二人組が「ギャング36」のメンバーと思われる者を射殺しました。同日の早朝には別の被害者宅に銃弾が撃ち込まれ、けが人はありませんでしたが、何らかの警告のためのと考えられています。またその翌日の早朝、ジャラン・ダトー・ケラマットでバーのドアマンが左太ももを撃たれて怪我をしました。この被害者は「04ギャング」の幹部とみられています。

一方、死亡した5人の家族は、警察の対応に不快感を示しています。前科もないのにどうしてギャングだと確定できるのかといったことから、寝ている時間の奇襲なので、警告発砲すれば簡単に逮捕できたはずで射殺する必要はなかった、初めに発砲されたという正当防衛がでっちあげだという意見。家族は検死情報の一刻も早い開示を求めており、警察もそれに応じるとのことです。

-----------------------
正当防衛に関しては、やはり早朝だったこと、警察官にまったく負傷者がなかったことから私も少し疑問に思います。

一番の驚きは、いつもは行動がゆっくりな警察が、こんなに素早く最近起きた射殺事件や未遂事件の犯人を捕まえることができるのかということ。多くの未解決事件をこの5人を犯人として終止符を打とうとしているのではないかという気もしなくもありません。

それとも、もともと警察と賄賂などを通じてツーカーだったのが、こんなに大きな事件を起こしてしまったのではかばい切れないということになり、簡単に足取りがつかめたのでしょうか。

死んでしまっては事実も永久にわかりませんが、前科を強調したり、メディアもこの5人を犯人と思わせる努力をしていますので、都合が悪いことは日本以上にセンサーされて報道しないマレーシアだけに、このまま事実は闇の中かもしれません。

何はともあれ、銃犯罪は一般市民が巻き込まれる可能性も多々あり非常に怖いので、ここは警察にしっかりと頑張ってもらい、安心して暮らせるようになればと思います。

ソース:2013年8月19日
http://www.nst.com.my/latest/five-dead-in-shootout-at-pantai-jerejak-1.340241
http://www.nst.com.my/latest/cops-recover-three-pistols-from-04-gang-shootout-1.340272
http://www.nst.com.my/latest/cases-involving-04-gang-1.340493
http://www.thestar.com.my/News/Nation/2013/08/19/gang04-involved-in-12-murders.aspx
http://www.thestar.com.my/News/Nation/2013/08/19/gang-shooting-family-outrage-with-police.aspx

スポンサーサイト
  1. 2013/08/20(火) 02:04:55|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペナンの街並みを絵画に

Stefan

ペナンの人々の様子を描いた絵画で有名なステファン・クェンの個展が Gehrig's Art Gallery (Lorong Stewart)で開催されています。

国内外で作品を紹介しているクアラルンプール生まれのクェン。今回はペナンのヘリテージを題材にした17点の作品を展示しています。

クェンによると、古き良き時代のペナンがそのまま残っているヘリテージエリアはとても魅力的で、創作意欲がわき、時代の流れで消えてゆく人々、場所、ストーリーを絵画にして残しておきたいということ。

クェンの作品は、マレーシアの文化、伝統、社会を多彩な描写で表現することで、表情が描かれていない人物に躍動感を与えます。それぞれの作品にはストーリーがあり、鑑賞した人が、その人物にどんな表情があるのかを想像させます。

個展は9月1日まで。ギャラリーは午後1時から6時まで開館。

ソース:NST 19・08・13

http://www.nst.com.my/streets/northern/putting-penang-streets-on-canvas-1.339983
  1. 2013/08/19(月) 20:20:03|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プラウティクス周辺の交差点のレーン増設予定

プラウティクスエリアの混雑の激しい交通渋滞を緩和するために、レーンの増設が行われます。

MPPPによると、先月の同エリアの一方通行への大幅変更は長期的なプラウティクス近辺の交通渋滞緩和のためのまず一歩として始めたもので、最終的にはバイパス建設などにより近辺の交通渋滞の緩和をめざすということです。

まずは、7月末の一方通行への変更後のモニタリング結果から、3か所の交差点のレーンの増設、増幅を行います。JalジャマールとJalビルマ交差点の左折レーンの改善は8月末までに完了。また、Jalタンジョントコン、JalビルマからJalパンコールへ進入部分の増幅を行います。

一方通行導入後、交通の流れは全体的に改善されましたが、今後もモニタリング、改善を繰り返しながらよりよいシステムにしていきます。

また、ガーニードライブの交通をスムーズにするために、ガーニープラザ、ガーニーパラゴン近辺を中心に違法駐車の取り締まりを強化していくとのことです。

今回の一方通行への変更は3か月のトライアル期間を経て、最終的に決定されます。

+++++++++++++++++++++++++++
確かに今までガラガラだったジャランジャマールが大渋滞です。ジャランビルマとガーニードライブを市街へ、ケラウエイのみをタンジョントコン方向にしたので、レーンの計算が合わない(市街へは4レーン、トコンへは2レーン)から大丈夫なのかなあと思うのは私だけでしょうか。

ソース:NST
http://www.nst.com.my/streets/northern/pulau-tikus-to-get-new-lanes-1.337795
  1. 2013/08/16(金) 10:19:38|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンソンロードで男性が射殺される

News01.jpg
アンソンロードの交差点で信号待ちをしていた車に乗っていた男性が射殺されました。

K. Veerapan(37)は8月8日(木)、午前11時50分ごろ、バイクに乗っている何者かに至近距離から射殺されました。14発のうち10発が被害者の首、顔、右側腹部に当たっており即死の状態でした。また、後部座席には鉈が2本ありました。

警察の発表によると、この男性はアイルイタム在住で、過去に3度の麻薬関連の前科があり、乗っていた車はKL登録のBMWで、本人のものではない可能性も指摘されています。

警察は、人違い殺人やギャング間対立の可能性も合わせて捜査中とのことです。また、関係筋によると被害者は「ギャング36」のメンバーだったということです。

**********
たまたま警察が検証中の現場近くを通りかかりましたが、白昼堂々とこんなに恐ろしい銃犯罪が起こるのは本当に恐ろしいことです。それこそ人違いや流れ弾に当たって・・・ということもあり得ますので・・・。

ニュースソース:
http://www.thestar.com.my/News/Nation/2013/08/08/Man-gunned-down-in-Penang.aspx
  1. 2013/08/11(日) 00:07:53|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カンボジア人家事労働者を餓死させた夫婦が保釈

カンボジア人家事労働者(メイド)を餓死させたとして5月に過失殺人で懲役24年の実刑判決を受けていた、夫婦が、釈放されました。

ソー・チュートン (Soh Chew Tong 44歳)、 チン・チュイリン(Chin Chui Ling 42歳)はそれぞれ 150,000 リンギットの釈放金で保釈されました。

昨年4月にカンボジア人メイ・シチャンさん(24歳)が住み込みで雇われていたソーとチンの所有する店舗内で餓死しました。死因は長期に渡る栄養失調による急性胃潰瘍で、身体には虐待のためにできたとみられる多数の内部・外部の傷がありました。

発見当時は、目視で確認できるだけで29の外傷、強度の脱水症状状態で、ほほや目の周りは痩せこけて窪み、体重は26.2kgしかありませんでした。

メイさんは2011年の7月に働き始めたばかりで、解剖の結果、胸部や頭部の皮膚の下にも多数の出血があり、下腹部の脂肪はゼロだったということで、死亡一週間前に患った胃潰瘍のため、腹膜炎も併発していたということです。


*****
一人の人間を長期間虐待した上殺したのに、釈放されてしまうというマレーシアの法制度、なんだか怖いです。
*****


ニュースソース:NST
http://www.nst.com.my/nation/general/couple-guilty-of-maid-abuse-get-bail-1.334096
  1. 2013/08/10(土) 01:29:59|
  2. 外国人労働者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。